オルソケラトロジー:カテゴリー

オルソケラトロジーでの注意点

オルソケラトロジー治療は、誰にでも可能なわけではありません。
近視や乱視の度合いが極端に悪い場合には、オルソケラトロジーでは視力回復の効果が期待できません。
またドライアイや角膜炎などの症状がある場合には、オルソケラトロジー治療によって症状を悪化させてしまう恐れもあります。

オルソケラトロジーに適しているかどうかを、必ず、適応検査で確認してから治療をスタートさせることが大切です。
オルソケラトロジー適性を確認したのちは、テストレンズで実際に試してから、自分に合ったレンズを眼科にて支給してもらうことが必要です。

オルソケラトロジーで視力回復用のハードコンタクトレンズを装着している時は、なるべくうつぶせで眠らないように注意しましょう。

オルソケラトロジーで使用されるコンタクトレンズ

視力回復の治療法、オルソケラトロジーは必ず眼科で治療します。
オルソケラトロジーの視力回復の治療では、内面に特殊な加工がなされた高酸素透過性のハードコンタクトレンズを使用します。

視力回復法のオルソケラトロジーでの治療の流れ

視力回復の治療法であるオルソケラトロジーの治療を受けるためには、まず適応検査を受ける必要があります。
適応検査とは、眼圧検査、涙液検査、角膜内皮細胞検査、屈折検査、角膜形状検査、裸眼視力検査、矯正視力検査などです。
この検査で、オルソケラトロジーの適性があるかどうかの判断をします。

オルソケラトロジーの効果について

通常は光が角膜を通して網膜まで届き上手くピントが合うのですが、近視の人はこの光が網膜まで届かず手前の点に集まってしまうためにピントが合わずにぼやけて見えてしまいます。
視力回復の治療法の一つ、オルソケラトロジーはこの原理を上手く利用して、光が網膜で屈折するように角膜を矯正することで視力を回復させる方法です。

寝ている間に視力回復するオルソケラトロジーの基礎知識

寝ている間に視力回復するオルソケラトロジーとは、一言で言うと「寝ている時に特殊な形状のレンズを装着することによって角膜を矯正し、朝はずして日中は裸眼で好視力を維持して過ごせるコンタクトレンズ」のことです。
視力回復方法と言えば、眼球トレーニングやレーザー治療などが一般的ですが、最近ではこのオルソケラトロジーが大変話題になっています。

TOPPAGE  TOP 

RSS2.0

最新記事

サイト内検索